「小冊子」Vol.102 本日入稿

本日入稿するまでタイトルが何度も変わった。 教科書にない真実を書こうとすると、あまりにも書きたいことが多く、目次に入れる度に、気が変わりまた他に入れ替えたり中々まとまらず結局添付の通りになった。 若い時から私には世界中に … 続きを読む

株価異変

投資戦略については(有料)「ここ一番!」や「増田俊男のインターネット・セミナー」で詳しく述べている。 また現在執筆中の「小冊子」Vol.102では一体誰が又何が何の為に世界の政治・経済を動かしているのかの事実(公認の歴史 … 続きを読む

トランプの寿命

トランプの寿命を知るにはトランプの使命を知らねばならない。 ではトランプの使命は何か。それを知るにはトランプを大統領にしたキングメーカーが誰で、一体どんな使命をトランプに課し、それは何の為かを知る必要がある。私は2016 … 続きを読む

小冊子Vol.102 「今こそ真の日本と日本人を知る時」、 「日本の過去、現在、未来の真実」について

小冊子Vol.102の「はじめに」で、下記のように書きました。 実は本書を出版するに当たっていささか考えました。 それは我々日本人にとって「知らぬが仏」の方が良い場合が多いからです。 疑う余地もなく常識となっていることが … 続きを読む

小冊子Vol.102について

「今こそ真の日本と日本人を知る時」、「日本の過去、現在、未来の真実」と題して、「正に戦前戦後の本当の日本」を客観的に描きました。 日露戦争は誰が誰の為に仕組み、日本を突入させたのか。 日本を対中侵略、朝鮮併合、アジア諸国 … 続きを読む

日銀の金融政策宿命的失敗

「金利には名目金利と実質金利、さらにインフレ率との関係を知らねば毎日の経済現象を理解することが出来ない」。これは経済学者の言うことです。 さらに経済学者は「実質的金利とは名目金利から物価上昇率を差し引いた率」だと教えてく … 続きを読む