<時事直言>天安門事件から30年

中国の言論界や報道機関にとって天安門事件の報道はタブーであり、今まで事件に関する公式な見解や報道はされてこなかった。 ところが昨日(3日)人民日報傘下の環球時報は当時(1989年)の政府の処置の正当性と、同事件が中国に「 … 続きを読む

小冊子Vol.108本日入稿

私のモナコでの「サムライ・レクチャー」に来ることになっていたIMFインサイダーを待っていた為入稿が遅れてしまった。 おかげで2020年11月の米大統領選挙までとその後の株と為替動向、さらに2024年の世界経済地殻変動とス … 続きを読む

IMF情報

米国債は潜在的破綻債券である。 トランプのアメリカファーストは制裁関税の名の下に貿易相手国から富を奪うことと、レパトリ政策で世界への米進出企業を米本国へ帰還させることである。 さらに「アメリカは最早世界の警察官ではない」 … 続きを読む

「日銀は誰のものか」

これは元日銀の金融政策委員会審議員の中原伸之先生の著書名である。 私がエリート志望の限定会員の為に行っているプライベート勉強会「増田俊男の実践経済セミナー」にご都合がつき次第ご参加され、私が間違ったことを言わないかを監視 … 続きを読む

変化の時代の必読書

「小冊子」Vol. 107の第6章「トランプにとっても世界にとっても2020年は勝負の年」と第7章「これが2020年リスク回避、必勝ポートフォリオだ!」を是非熟読していただきたい。 大変化の年2020年は目前である。 変 … 続きを読む

新元号にあたって

元号の発祥地中国の国体が共産主義一党独裁政権になった今、「元号」を掲げる国は日本だけになった。 天皇のご即位の年を竹の節の如く一時代と隔することで、国民は世代意識、時代意識を持ち、時の「天皇の国民」としての自覚の下に、日 … 続きを読む