トランプ・習近平の政治ごっこ

トランプはアメリカファーストの手を緩めることなく、4か月間の米中貿易交渉で合意に接近したと思いきや、いちゃもんを付けて貿易戦争に逆戻りした。
2020年の大統領選にはまだ間があるので対中攻勢姿勢を有権者に見せて点数を稼ごうと言うわけである。
一方、習近平にとって米中貿易戦争はトランプから売られた喧嘩だから買わねば権威に傷がつくから対トランプ非難の声を大にして果敢に報復関税で対抗する。

1979の米中国交回復以来アメリカは鄧小平の改革開放を支援、日本に対中ODA支援を要請、ドル建て起債で金融支援、ドル・人民元ペッグ(固定相場)で為替リスクを除き、さらに自由貿易というミルクを与え中国経済の支援を続けてきた結果、やっと中国経済はアメリカに次ぐ経済大国になった。

トランプも習近平も阿吽の呼吸で1972年ニクソン・キッシンジャーと周恩来・毛沢東の間で将来の米中基本関係を決めた秘密合意(2002年2月公開)の実現に向かっている。
米中基本関係とは、1)中国がアジア軍事覇権の準備が出来たら米軍はアジアから撤退する、2)米中二か国は戦略的パートナーシップ関係となり、軍事・経済両面で協力するである。
トランプはすでに「アメリカは最早世界の警察官ではない」と宣言し、沖縄の米軍は2026年までに撤退する。
アメリカのドル基軸も2025年からはIMFのSDRに変わるからドル覇権放棄も時間の問題である。
今までアメリカは中国を背負って育ててきたが、今度は中国がアメリカを背負う番である。
習近平が笛を吹いても全く踊らなかった経済構造改革(外需から内需へ)、ゾンビ企業一掃、独自ハイテク技術開発等がトランプの貿易戦争攻勢のおかげで進んでいる。
トランプはアメリカを背負ってもびくともしない経済を中国に求めているのである。

政治ごっこの裏にある真実を知るのもいいのではないか。

本日より発送開始!増田俊男の小冊子Vol.108
「通貨(カネ)特集」
第1章 すべての通貨に革命が起きようとしている
第2章 アメリカの金融・財政がデッドロックに陥っている
第3章 ドルが売られ始めた
第4章 フェイク(偽物)とマニピュレーション(市場操作)の上塗りが出来なくなる
第5章 2020年11月の米大統領選前と後に何が起きるか
第6章 自分で造り、自分で使い、自分で管理する通貨の時代がやってくる
第7章 備えあれば憂いなし
第8章 アメリカの真実と米中貿易戦争
付録  Revolletの世界
お申込みはこちら

「ここ一番!」お申込みはこちら
現在、増田俊男の「ここ一番!」をFAX又はe-mailにて配信しております。
詳しいご案内、お申込みについてはマスダU.S.リサーチジャパン株式会社Tel:03-3956-8888、HP:www.chokugen.com まで。
「ここ一番!」お申込みはマスダU.S.リサーチジャパン株式会社FAX:03-3956-1313、またはこちら 。
【最近の配信履歴】
〇05月31日(金) No.893 フェイクニュースとはマスコミの偏向
〇05月24日(金) No.892 「トランプの真実」で株価は跳ね上がる
〇05月13日(月) No.891 買いのタイミング
〇05月07日(火) No.890 連休明け

オンリーワン事業部よりお知らせ!
注目必至!安心・安全な日々の生活の為に様々なものを取り揃えてみました。
・家庭用の低周波・超音波医療機器(Twin Wave)、EMSマシン(Stylift)
・エコロジー素材のタオル(OneLuck)
・パルス式超音波歯ブラシ(Reclean)
・イオン導入機(Cellgain)
・約70種類の栄養補助食品(BioSupport)
詳細・お申込みはホームページ( www.chokugen.com )からのご注文、又はFAX(03-3956-1313)での資料請求となります。

「インターネット・セミナー」お申込みはマスダU.S.リサーチジャパン株式会社FAX:03-3956-1313、またはこちら 。
インターネット・セミナー無料配信( http://movie.masuda-toshio.com/ )をご覧ください。

増田俊男のラジオ放送「逆手で勝つ」~日本復興のために~
(ラヂオもりおか76.9MHz 月~金曜日 8:18AM頃)の聞き方
ラジオ放送の聞き方には2つの方法があります。
①生放送で聞く方法
②ストリーミング放送で聞く方法
<1週間分を土曜日から翌週金曜日までのご都合の良い時に聞くことが出来ます。>
弊社ホームページ( http://www.chokugen.com/ )にある「逆手で勝つ!」のバナーから入ってご希望の聞き方をお選びください。難しい操作は一切ございません。

コメントは受け付けていません。